無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

168. グリーンブック

f:id:desertislandmovie:20200805132748j:plain

引用元:Yahoo!映画

 

2018年のアメリカ映画

 

同じく人種問題をテーマにした「ブラック・クランズマン」と同時期に鑑賞したせいでつい比較してしまう二作

 

 

ニューヨークの名門ナイトクラブ「コパカバーナ」で用心棒として働いているトニー(ヴィゴ・モーセンテン)は、1962年にクラブが改装工事で閉鎖されるのに伴って職にあぶれてしまう

 

そんな折、クラッシック・ピアニストのドン(マハーシャラ・アリ)が国内ツアーの運転手を募集していると知り、トニーは面接を受けに行く

 

アフリカ系アメリカ人のドンは、トニーの横柄な態度に閉口するものの、酔っ払いや質の悪い客たちを扱ってきたタフな様子を気に入り、中西部から南部を廻る8週間のツアーのお供に任命する

 

トニーは家族と過ごすため「クリスマス・イヴまでに自宅に戻れること」を条件にこの仕事を引き受けることにする

 

出発の日、ドンを見送りに来たレコード会社の担当者はアフリカ系アメリカ人が宿泊先やレストランに困らないためのガイド「グリーンブック」をトニーに手渡す

 

人種も性格も育ちもまったく異なるふたりは、出発とほぼ同時に言い争いを始める

 

ドンからしてみればトニーの横柄な態度は目に余り、トニーからするとドンの要求は細かすぎる

 

そんな気まずい空気の中でツアーは始まり、訪れる先々でドンは心無い対応を受ける

 

 

 

 

冒頭で「ブラック・クランズマン」に触れたが、同作を監督したスパイク・リーは本作がアカデミー作品賞を受賞したことにネガティブなコメントをしている

 

事実誤認の可能性や1989年に「ドゥ・ザ・ライト・シング」で受賞できなかった(同年の受賞作は「グリーンブック」とは逆に白人の女性主人に仕える黒人運転手の話)という過去の遺恨も関係した発言なのだろう

 

好きな映画監督ではあるけれど時々発言が狭義に過ぎる印象がある

 

 

冒頭で書いたクラブ「コパカバーナ」はサム・クックが64年にライブを行った(その後ライブ盤がリリースされた)例のコパ!である

 

f:id:desertislandmovie:20201226131236j:plain

引用元:amazon.co.jp

 

改装工事後にトニーがコパカバーナに復帰していれば、このライブを観たのかもしれないと思うとワクワクする

 

www.youtube.com