無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

77. 南極料理人

f:id:desertislandmovie:20200624131843j:plain

引用元:Yahoo!映画

 

2009年の作品

 

原作は西村淳の「面白南極料理人

 

作家兼料理人である彼は、海上保安学校を卒業後に、南極観測隊の調理隊員(その他通信、車両メンテナンスなど)として昭和基地、及びドームふじ基地での越冬を経験している

 

本作の中では堺雅人が、南極料理人として隊員8名分の料理を担当する

 

実際のところ、冷凍食品のレベルとバリエーションは、かなりレベルアップしていて、レストランの食事と比較しても遜色ないものが食べられるらしい

 

変化の乏しい基地での生活の中で、三度ある食事の時間は、隊員たちにとって確実な楽しみだし、料理人にとっても食事を用意(創作)することは精神的に良い効果もあるだろうし、隊員たちの笑顔や会話が生まれるきっかけになれば尚嬉しかっただろう

 

本作でも、食事で盛り上がったり、喧嘩したり、創作料理で皆が救われたりするシーンもあって、改めて「食事を振る舞うって素晴らしいなあ」と思った

 

隊員のひとりが、皆が楽しみにしていた夜食のカップラーメンを食べ尽くし険悪な雰囲気になってしまうも、料理人がベーキングパウダーで製麺したラーメンを振る舞って丸く収める場面がある

 

本作を観た時には「なるほど」という風にしか思わなったけれど、いつかチャレンジしてみたい

 

また有名な(?)エビフライのシーンでは、前の観測隊が残していった伊勢エビがあるという情報を聞きつけ、隊員たち(オジさんたち)の頭の中はエビフライでいっぱいになり、昼間の作業中から「♪ エッビフライ!エッビフライ!」と掛け声までして盛り上がる

 

気持ちはわかるし、楽しいのが一番だとは思うけれど、もし自分が料理担当だったら豪快に味噌汁に入れるか、オマール海老のようにオーブン焼きにしてワインと、の二択(もちろん新鮮なら刺身もアリだけど)

 

娯楽が限られた基地の中では料理の優先順位が高いだけに、意見調整もひと苦労なのだろうなあ

 

www.youtube.com