無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

31. すれ違いのダイアリーズ

f:id:desertislandmovie:20200610112556j:plain

 

2014年のタイ映画

 

英題は「Teacher's Diary」

 

日本でも同年に映画祭で上映された際には「先生の日記」というタイトルで上映されたが、2年後の劇場公開の際に変更されている、、、すれ違ってるわけでもないし日記は一冊だし、とツッコミたくなるのが邦題らしくていいのかもしれない

 

 

ソーンは、性格は良いのにスポーツにしか自信が持てず、仕事も長続きしない

 

そんな彼も、大好きな彼女に薦められて決めた働き口は、僻地の水上学校の先生

 

電気も水道も無い生活にくじけそうになりながらも、ある日、教室の黒板の上に置いてあった日記を見つけ、ソーンはそれを読んで励まされていく、、、

 

 

 

タイに実在する水上学校は、チェンマイから車で4時間かかるダム湖にあり、そこで働いている漁師の子供たちのために、月曜から金曜まで授業を行っている(週末の間はみな自宅に帰る)

 

学校に死体が流れ着いたり、嵐で校舎が吹き飛んだり、生徒から「将来は漁師になりたい」と言われがっかりするシーンなど、実話をもとにしているそうだ

 

のどかで楽しそうではあるけれど、虫が多いのは大変そうだなあ

 

 

www.youtube.com