無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

92. とうもろこしの島

f:id:desertislandmovie:20200630195507j:plain

引用元:amazon.co.jp

 

アブハシアはコーカサスの一地域で、国際的にはジョージアグルジア)の一部とされている

 

ソ連崩壊後の1990年にジョージア共和国は誕生しているが、ロシアはその18年後の2008年にアブハシア共和国を承認している

 

f:id:desertislandmovie:20210312122725p:plain

 

 

 

1990年代にジョージアとそこからの独立を主張するアブハシアは激しい戦争状態にあった

 

両陣営の境界を流れるエングリ川は、毎年春には洪水によって肥沃な土を運び、小さな中洲を作る

 

その中洲にアブハシア人の老人と(両親を戦争で亡くした)孫娘が小屋を建て、とうもろこし畑を作り、生活を始める

 

日常的に銃弾が飛び交う中、ボートで川を行き来するジョージア兵とアブハシア兵とは基本的にやりとりはないものの、互いに遠目で確認することは怠らない

 

そんなある日、とうもろこし畑で負傷したひとりの若いジョージア兵を見つける

 

 

緩やかな川の流れ、深い森、中洲で黙々ととうもろこしを育てる老人と少女、、、まるで戦争しているのが滑稽に見えるくらいに落ち着いた自然の中でことが進んでいく

 

老人と過ごす少女はこの先どうやって暮らしていくのか

 

 

 

 

少女役を演じているのはジョージア(の街)でスカウトされた未経験者

 

台詞が殆どない本作の中で、老人の作業を健気に手伝っているけれど、兵士とのやり取りでは意外な一面も見せる

 

 

 

2014年の作品

 

ジョージアチェコ・フランス・ドイツ・カザフスタンハンガリー合作

 

同じくジョージアとアブハシアの問題を扱った映画「みかんの丘」もおすすめ

 

www.youtube.com