無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

274. オアシス

f:id:desertislandmovie:20200927122623j:plain

引用元:Yahoo!映画

 

前作に続いて2002年の作品

 

イ・チャンドン監督の韓国映画

 

 

前科三犯のホン(ソル・ギョング)は、刑期(轢き逃げによる)を終えて再び出所してくる

 

韓国では出迎える人が豆腐を用意して「真っ白な状態から再スタートする」という意味を込めて出所してきた人がそれを口にするという習慣があるらしい

 

誰にも出迎えられないホンは自分で豆腐を買い、店の前でかぶりつく

 

彼に黙って引っ越していた家族には会う術もなく、無銭飲食をして再び警察のお世話になったところに弟のジョンセが迎えに来るという始末

 

ようやく家族と再会するも、相変わらず面倒ばかり起こすホンに対して家族は冷たく対応する

 

 

そんな中、ホンは轢き逃げ事故の被害者を訪ねてみるも、被害者の息子夫婦の怒りを買い追い返されてしまう

 

その家庭には脳性麻痺を患う妹のハン(ムン・ソリ)が居たが、引っ越しの最中だった息子夫婦はその妹を置いて出て行ったため、再び妹の元を訪ね(お見舞いとして持ってきていた)フルーツのバスケットを置いて帰る

 

ハンを気に入ったホンは、それからも周りの目を盗みながら彼女の元を訪れ、ついには彼女の体を奪おうとする

 

必死で抵抗するハンは、興奮のあまり気絶してしまい、狼狽したホンは彼女に水をかけて意識を戻してから退散する

 

それ以降も不器用な愛情表現を続けるホンに、ハンも徐々に呼応し始める

 

ところが(ハンの気持ちを理解できない)周囲は、ホンに厳しく当たる

 

 

 

暴走するホンが周囲から注意されるかもしれない、通報されるかもしれない、警察に逮捕されるかもしれない、、、鑑賞中ずっと「かもしれない」が止まらず、落ち着かない

 

後半、ふたりの気持ちが通じ合い始めると多少は落ち着いて、「世間との対峙」として観られたけれど、前半でかなり消耗してしまった 

 

 

ちなみ同じ監督、主演の男女で、本作の2年前に「ペパーミント・キャンディー」が作られている

 

これから両作品を観ようという方は、クセのある本作は後の方が良いと思う

 

www.youtube.com