無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

248. ぶあいそうな手紙

f:id:desertislandmovie:20200917115435j:plain

引用元:映画.com

 

2019年ブラジル映画

 

新型コロナウィルスの影響で、2020年は劇場に行くのもかなり控えていたけれど、9月に入って状況が落ち着いてきたこともあって本作で解禁(その後また行くのを控えたり、再開したり)

 

 

約半年振りの劇場での鑑賞は、両横4席づつくらい、また前後斜めも空席で心地良く観られた 

 

 

 

ポルトアレグレ、ブラジル南部の街に独りで住む老人、エルネスト

 

ウルグアイから移り住んで早46年、視力もすっかり衰えて、今では新聞も読めなくなってしまった

 

頑固な性格で、サンパウロに住む息子にもつい辛辣な態度をとってしまい、今となっては、隣に住むハビエルくらいしか親しくする人はいない

 

そんなエルネストの元に、一通の手紙が届く

 

同じアパートの犬の世話をしている若い娘、ビアと知り合い、エルネストは彼女に手紙を読んでもらうことにする

 

 

 

 

高齢になり、視力も落ちて、頼れる人も限られてくると、気持ち的にも心細くなってくる様子が、リアルに描かれていて、まだ先のこととは思いながらも自分の老後を想像してしまった

 

自然と、周囲に頼る機会も増えるだろうし、また経済的にも厳しくなると、いくら気丈な人であっても、威厳を保つのが難しくなるだろう

 

そう思うと、自分の情けない部分を隠す必要のない相手と、共同或いは近所で過ごすことが理想なんだろう

 

 

カエターノの「ドレス一枚と愛ひとつ」を劇場で聴けたのも嬉しかった

 

美味しい食べ物に、美しい自然、サンバにボサノヴァ、そしてフットボール

 

ブラジルには羨ましいものがたくさんあるけれど、多くの国民がカエターノ・ヴェローゾの音楽を聴いて育っていることは、彼の曲にまつわる個人的な思い出が皆にあったり、仲の良い人と一緒に聴きながら歌ったり、語り合ったりできるのだから、上記の中でも最も羨ましいことかもしれない 

  

www.youtube.com