無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

171. 15時17分、パリ行き

f:id:desertislandmovie:20200806094314j:plain

引用元:Yahoo!映画

 

2018年のアメリカ映画

 

2015年に起きたタリス銃乱射事件をベースにしている

 

 

 

アムステルダム発、パリ行きのタリス鉄道は554人の乗客を乗せて運行していた

 

その車内で、武装した犯人による無差別テロが起きる

 

乗客の中には、ヨーロッパを旅行中だった三人の青年がいた

 

カリフォルニア州サクラメントで育った、社会的には落ちこぼれ気味ながら性根の優しい彼らは、車内で発砲したテロリストに立ち向かう

 

監督のクリントイーストウッドは、実際にテロリストを取り押さえた三人を主役で起用し、タリス鉄道の中で事件を再現した

 

 

 

タリス鉄道とはフランスのTGVをベースにした欧州数か国を行き来する国際鉄道

 

TGVをベースにした国際鉄道は、このほかにもスペインのRenfe(AVE)やユーロスターなどがあり、何度か利用したことがあるけれど飛行機と違って時間に縛られずに結構な距離を移動できるのが魅力

 

価格は前もって買っておくと当日価格の半分以下だったりもするので、早めに時間の変更が効くチケットを押さえておくようにしている

 

途中の風景が見られるのも、次の街に行く気持ちの切り替えができるし、車内の乗客のやり取りが見られるのも面白い

 

特に団体に出くわすと(騒がしい反面)やりとりをBGMに車窓を眺めているだけでも楽しい

 

ボディチェックなどのセキュリティに時間を取られないのも魅力ではあるけれど、こういった事件があるとそれも考えもの

 

もしこの3人(実際には4人の男性)が乗客の中に居なかったら?と思うとゾッとする

 

緊急停止して車外に出られるような対策を、今では講じているのだろうか

 

www.youtube.com