原題は「Thomas Crown Affaiir」

 

華麗なる賭け」とは「誰が何に対して?」という含みもある洒落た邦題

 

ストーリー、カット、演技、プロット、、多くの映画関係者が本作の影響を受けただろうに、こんなにも王道な作品で華のある役者だとその影響を再現することも至難の業だろう

 

 

「King of Cool」感に溢れるマックィーンと、ハイ・ファッションを颯爽と着こなすフェイダナウェイ、この時期のふたりを堪能できるというだけでも本作を鑑賞する理由になる

 

服装だけに意識を集中すると「ここまで着飾ると普通なら違和感あるはず」と気付く

 

それくらい自然に着こなしているふたりの存在感に感心させられる

 

口角が下がっているのが絵になるのもフェイ・ダナウェイソフィア・ローレンくらいじゃないだろうか