無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

29. 女は二度決断する

f:id:desertislandmovie:20200609225833j:plain

 

2017年のドイツ映画
 

「 おじいちゃんの里帰り」は家族愛も含めたトルコードイツの関係性を描いた作品だったけれど、本作は同じトルコードイツでもヒリヒリが止まらない作品

 

麻薬の売人から足を洗い、ハンブルグで旅行代理店を経営するトルコ移民のヌーリは、生粋のドイツ人カティヤと結婚する

 

息子ロッコも生まれて幸せな毎日を過ごしていたが、ある日カティヤが友人とエステに行くためにロッコをヌーリの事務所に預ける

 

その直後、事務所の前で爆発事件が起こり、ヌーリとロッコが犠牲になってしまう

 

警察は当初トルコ人同士の揉め事と決めつけ、ヌーリに宗教上のテロに巻き込まれる可能性がないか尋ねたり、移民の麻薬仲間と依然つきあいがあるのか追及したり、随分な扱いをする

 

カティヤは、息子を預けて事務所から出た時、大きな荷台のついた新しい自転車を停めた女性に、「自転車を盗まれないよう気を付けて」と声をかけたことを思い出し、警察に告げるも、警察はまともに取り合わず、ヌーリを悪者にしようとする

 

弁護士の友人は、カティヤの相談に乗り、落ち込んだ彼女をリラックスさせる為にコカインを渡すが、服用後に警察が家宅捜索に入り、コカインの使用について追及される

 

その上、夫の両親とは遺体をどちらの国に埋葬するかで揉め、また遊びに行くためにロッコを預けて行ったことを責められ、自暴自棄に陥りリストカットしてしまう

 

 

裁判では、ギリシャの極右政党のメンバーであるホテル経営者マルキスが、容疑者夫婦にアリバイがあると主張したり、カティヤのコカイン使用が不利に作用した結果、容疑者夫婦が無罪となり、カティアは敗訴してしまう

 

判決後、容疑者夫婦が海辺で勝ち誇ったような写真をSNSにアップしているのを見つけたカティヤは、夫婦がマルキスの経営するホテルに居ると睨み、現地へと向かう

 

 

暴力はさらなる暴力しか生まない、という誰もが重々分かっているテーマについて改めて考えさせられる作品

 

 

www.youtube.com