無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

2021-07-06から1日間の記事一覧

148. 男の顔は履歴書

引用元:filmarks.com 1966年の作品 雨宮(安藤昇)が院長を務める雨宮医院に、車にはねられ瀕死の男が運び込まれた 男の名前は柴田という日本名を持つ韓国人、昭和二十年に雨宮が沖縄戦線で指揮を執っていた時の部下で、雨宮は柴田とはぐれたまま終戦を迎え…