無人島シネマ

忘れてしまうには惜しい映画 および雑記

2020-08-13から1日間の記事一覧

18. 生きる

引用元:amazon.co.jp 1952年の黒澤映画 主人公の渡辺は30年間無欠勤の市役所に勤める市民課長 ずっと事なかれ主義でお役所仕事を続けてきたが、体調不良で医師の診察を受けたある日、(軽い胃潰瘍だと告げられたにもかかわらず)自分が胃がんであることを悟…